« カザルスホールのコンサート | トップページ | マスク発売延期 »

本日の「題名のない音楽会」

朝からいいお天気。

そして素敵な音楽を聴くと、一日気持ちよく過ごせそうな気分になりますね。

今日の”音楽会”は、華道家の假屋崎省吾さんとオーボエ奏者の岩尾圭介さんを迎えて

’花とオケの華’との共演でした。

やっぱりオーボエの音、好きですねぇ。

美しい曲をいくつも演奏されたのですが、もとは歌曲だったものが器楽曲として演奏されているものが多く、意外でしたが納得しました。

なかでもフォーレの『夢のあとに』、素敵でした。いつか演奏できるようになれればなぁ・・・

歌曲のことわからないので、器楽曲も含め少しずつ聴いてみようと思いました☆

|

« カザルスホールのコンサート | トップページ | マスク発売延期 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

そうなんです
フォーレにはすてきな歌曲がたくさんあるのです

しかし、フランス語。がーん、てなものです。
でも来年あたりからフランス物に挑戦しようかと
思っています。

投稿: かおりん | 2005/11/21 00:13

そっかぁ。フランス語なんだ!
マイスキーのCDで、この曲が入っているの「フレンチソングス」というタイトルだった理由がわかったわ。このCD、ほしいんだよね・・・
フランス物、がんばって!!

投稿: s | 2005/11/22 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141976/7230145

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の「題名のない音楽会」:

» 華道家 [デザインの杜]
華道家華道家(かどうか)とは、花をいける人。花や植物そのものを用いた彫刻・造形をする人のことをさす。フラワーアーティスト、いけばな作家、挿花家、等とも呼ばれることがある。また、彫刻家、造形作家を兼ねることもある。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Wikip...... [続きを読む]

受信: 2005/12/15 15:41

« カザルスホールのコンサート | トップページ | マスク発売延期 »