« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

3月を前に

ももすけの背景を、春らしく変えてみました。

今回もいつもお世話になってるmayuさんの作品です☆

彼女の作品はどれも夢があって素敵なんですよね。

              

さて、恒例のものが職場に届きました。 PIC_0043

今年はミッキーとミニーです♪

こんなかわいらしいものがあるんですね~

りっぱに吉徳大光だったりして。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

これなんだ?

今日は一日雨でした。

雨の日って嫌いじゃないです。ゆっくり心も身体も休めるし。また、いろいろなこと考えたりできるし。

たしか副交感神経は 雨の日>晴れの日 と働きがよくなると聞いたことがあります。

RIMG0034 さて、これヘンな顔でしょ☆

中には大事なものが入ってます。

実はチェロケース(GEWA)。

結構なお値段がするものなので(高いもの(軽さに値段が反比例)だと中身のチェロが買える!)、ずーっとソフトケースで我慢していたのですが、ボーナスを機にお店の人に勧められるがまま、えいやっ!と買ってしまいました。

でも、購入して正解。調弦をする回数も減ったし、何といっても安全にチェロの保管と移動ができます。って形からはいって、腕のほうはさっぱりなんですけど(笑)

心身ともに復活してきたので、久しぶりにぎこぎこやってみました。

へたっぴでも、やはり楽器って楽しいですね♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

あと少し。。。

今日は天気もよかったので、リハビリがてら自転車で久しぶりの外出。

でもまだ完全じゃなかったのですね。。。体温を測ると35度前後。ちょっと低い。

低体温って、頭とか身体が重い感じがするのでしょうか。

とにかく寝ました。そしておきぬけに補中益気湯液をぐいっと1本。

しばらくして体温を測ったら36度に。身体もだいぶいつもの状態に近くなってきました。

恐るべしインフルエンザ。こんなに体力が消耗しているとは。。。

さて、本日フィギュアのエキシビションでロシアの選手が(なのかな?)粋なことしてくれましたよね。ハンガリーのヴァイオリニスト、エドウィン・マートンさんの生演奏での演技。

リンク上での演奏は何かと大変なのでは?と気になったりもしたのですが、素敵なコラボでした。

ゴールドメダリスト、女子シングルの荒川静香さんを除くとみんなロシアの方々なのですよね・・・

ロシアといえばロシア民謡。(こじつけ??)

以前、お誘いがあってロシアの合唱団の演奏会を聴きにいったことがあります。

これが、すばらしく感動してしまったのです。

ロシア民謡って決して明るいものではないのですが、その力強さや哀愁が心に響いてくるのです。意外と聴いたことがあるものも多いです。

個人的には、ステンカ・ラージン、バイカル湖のほとり、ヴォルガの舟歌などが好きです。

迫力のあるコーラスもよいですよね♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

お題をいただいちゃいました

ブロペ友達の小鳥さんから、ぶっちゃけバトンが回ってきました。

ルール、質問内容は、小鳥さんのブログからそのまんまコピペさせていただきました<(_ _)>

とりあえず答えてみたいと思います!

・・ルール・・・
  質問の答えをぶっちゃけちゃう!!という、簡単なバトン♪♪
  そして、最後に自分の秘密を「ぶっちゃけ、私・・・・なんです」
  と、カミングアウトして、次の5人へ回す!!秘密の内容ゎ、
  もちろん♪おもしろいものでOK★楽しく、バトンを繋げましょう

ぶっちゃけちゃって㊦さい!!

Q1 あなたの初恋の思い出

  幼稚園のときかなぁ? 仲良しだったけんちゃん。一緒に芋ほりも行ったよね。

Q2 あなたの大好きな物

  物ということは形あるモノですよねぇ。うーん・・・ぱっと浮かばないってどういうこと??ここが答えられないと次いけないんだ。よしっ、じゃあムーミンシリーズのフィギュア!

Q3 Q2を語っちゃって㊦さい

  自分へのご褒美に1個ずつ買ってた時期がありました。スナフキンは二人います♪あと、飲み物やお菓子のムーミンシリーズのおまけをまじめに集めてました。←ストレスがたまると買い始める、ストレスバロメーター。
  
Q4 あなたの弱点

  耳。←高感度の寒暖計。10度以下になると耳カバーなしでの外出不可。
  超涙もろい。特に最近。。。

Q5 あなたの自分自身の好きなところ

  そんなのないよ。うーん、しいていえば、年齢問わず話題についていけるところ?特に年配の方に。
 

Q6 大好きな芸能人(有名人)とその理由

  宮本文昭さん(Ob)。溝口肇さん(Vc)。すばらしい演奏のとりこです。特に溝口さんは演奏に対する考え方、生き方にも感銘を受けました。

Q7 あなたの人生に①番必要だと思うもの(現時点で)

  健康。まだ咳が出て苦しい。。。

Q8 お金ゎ貯めるもの?使うもの?

  どちらかといえば使うもの。でも貯めておかないと、いざというときに使えない。


Q9 あなたにとって、(イル人もイナイ人も)恋人・(旦那・妻)の存在とゎ??

  かけがえのない人の一人。そして空気のような存在になるのが理想?iいやいや漫才の相方かな?

Q10 あなたの秘密

  私の胃は大金持ちです☆

以上。

まじめに考えてしまいました。なるほど、難しいものですね・・・

さて、5人の方にまわさなければならないようです。

でもそういうのって苦手なんですよね。。。

なので、この記事を読んでいただいて、よし、やってもいいよという方、いらしたらコメント欄にその旨お書きいただき、チャレンジしていただければと思います。

では、よろしくおねがいします!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

漢方への期待(BlogPet)

tamaは
Wikipediaによるとメルヘンの歌カザルスがカタルーニャ民謡『メルヘンの歌』を演奏し始めたのは、第二次世界大戦が終結した1945年といわれる。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ももすけ」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

インフルエンザ

気をつけていたのですが、とうとうもらってしまいました(泣)

仕事柄仕方がないのですが・・・

熱は37度前後、咳は出るが、特に目立った関節痛もなく、風邪薬を飲んで様子をみていたのですが一日たってもすっきりせず、万が一・・・と思い、診察終了ぎりぎりに受診。A型と判定されました。

大人の場合あまり症状が出ないこともあるとのこと。

うちに戻ったら急に寒気がして一気に38度台まで。昨夜は39度を越す高熱と腰痛にうなされはじめました。

さっき飲んだ、カロナール(解熱鎮痛剤)のおかげでしばらくは楽なので、その隙に。。。

今週は出勤停止。有給減っちゃうの痛いです(>_<)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

鬼平とジプシーキングス

待ってました! 鬼平犯科帳スペシャル。

昨夜久々の登場です。

池波正太郎さんの原作の世界も好きだし、長谷川平蔵を演じる中村吉右衛門さんもいいですよね~。

時代劇の中では最も好きな部類に入ります。あの渋さがたまりません・・・

時代劇の話は別の機会に譲るとして、今回は鬼平TVシリーズから続いているテーマ音楽について。

ドラマの終わり、江戸の情景、四季の移り変わりの映像とともに流れているのは、

ジプシーキングスInspirationというインストゥルメンタル。

ギターの静かな曲ですが、映像と合っていてドラマの余韻に浸ることができます。

ジプシーキングスは、フランスのグループですが、歌はスペイン語です。

ラテンです。かっこいいです☆ 

いつだったか、ビールのCMに使われていた ジョビッ、ジョバッ♪(本当はDjobi Djoba)ってフレーズが印象深い元気いっぱいの曲は、聴いたことがあるのでは?

彼らのスペイン語版 My Way  A Mi Manera は、英語版とは異なりテンポも速く、一聴(?)の価値ありです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

茘枝茶

香港のお土産にいただきました♪

香りと後味がほんのり甘く、飲みやすいお茶なんですけど。

茘枝? 読めませんでした・・・

正解は ライチ

茘枝茶は、紅茶にライチの果汁で香りをつけたものだそう。

楊貴妃も好んで食したといわれるライチ。

ライチ茶の効能は、冷え性、更年期障害、リラックス効果、滋養強壮、神経症、肉体疲労とのことで、中国女性に人気のお茶らしいです。

そしてほかにも中国茶を飲みたくなり、探してみたら・・・ありました!RIMG0031

数年前に台湾に出かけたときのホテルでの戦利品。

右の烏龍茶、ティーパックながらとてもおいしくいただけました☆

お茶って、洋の東西を問わず、香り、味、豊かな時間を楽しめる、魔法の飲み物ですよね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

鳥の歌

ちょっと物悲しい感じがするチェロの曲。

この間のN響アワーはゲリンガスの演奏を放映していたのですが、その中でも最後に演奏していました。

溝口肇さんもコンサートで祈りを込めて演奏していました。

「鳥の歌」カザルスに始まった何か平和にまつわる意味のある曲なのでは。。。ということしか知らなかったので、ちょっと調べてみました。

Wikipediaによると

鳥の歌
カザルスがカタルーニャ民謡『鳥の歌』を演奏し始めたのは、第二次世界大戦が終結した1945年といわれる。この曲には、故郷への思慕と、平和の願いが結びついており、以後カザルスの愛奏曲となった。

1971年10月24日、カザルス94歳のときにニューヨーク国連本部において「私の生まれ故郷カタロニアの鳥は、ピース、ピース(英語の平和)と鳴くのです」と語り、『鳥の歌』をチェロ演奏したエピソードは伝説的で、録音が残されている。

素敵なエピソードですね。

平和の祈りを込めてチェリストたちはこの曲を演奏していたのですね。

いつかそんなふうに弾けるようになりたいなぁ。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

イベント(BlogPet)

きのう、tamaはアナウンスするはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ももすけ」がリブログを読んで書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CL定期健診が保険適用外へ

診療報酬4月改定(読売新聞)より

 厚生労働省は15日午前、2006年度の診療報酬改定案を中央社会保険医療協議会(中医協、川崎厚労相の諮問機関)に提示した。

特定臓器移植の保険適用など、いくつか改正点があるのですが、

身近な問題としてかかわってくるのが、コンタクトレンズ使用者の定期健診が保険適用外となるということ。

これまで、コンタクトレンズ使用者の検診受診がきちんとされていないことから、レンズの不適切使用による目のトラブルが多く、問題となっていました。

さらに4月から、定期健診が保険適用外となると医療費負担が増え、ますます眼科受診から遠ざかってしまうのではないでしょうか。。。

きちんと正しいレンズケアを行っていれば、さほどトラブルは起こらないとは思いますが。

ともあれ、3月中に検診に行こーっと☆

| | コメント (7) | トラックバック (0)

漢方への期待

先日の『サイエンスZERO』という、教育テレビの番組の特集が漢方薬でした。

漢方薬とは、独特の診断法(おなか、舌、脈などを診る)によって、その人の「証」にあわせ、いくつかの生薬を組み合わせて処方されるもので、長い歴史のあるものです。

その漢方薬が、手術後の十全大補湯の使用など、現代の西洋医学と併用され効果をあげているとのこと。

十全大補湯とは、オウギ、ケイヒ、ジオウ、シャクヤク、ソウジュツ、センキュウ、カンゾウ,トウキ、ニンジン、ブクリョウの10種の生薬を組み合わせた処方で、病後の体力低下などに用いられます。←服用経験ありますが、ほんとによく効きます!

この十全大補湯で興味深い実験を行っていました。普通の十全大補湯と、1種類の生薬を抜いた十全大補湯(実際は九全大補湯??)とで、リンパ球の活性度を比較するものです。結果は 十全>九全(?) となりました。

漢方薬は、複数の生薬が組み合わさることで相乗効果を示すとのこと。現在まで伝わっている処方は、歴史的、経験的にもっとも効果的な組み合わせであるということで、先人の知恵はすごいな・・・とひたすら感心。また、そのふしぎな奥の深さに興味津々であります。

中国、韓国では漢方(韓方)・中医学と西洋医学は別の学問として学び、それぞれ結びつかず、別々の医師がいるそうです。

一方日本では、大学の医学部では西洋医学と東洋医学(漢方)両方を学び(今後東洋医学が必修となるそうです)、どちらの知識も持った医師が登場するとのこと。

この両者を結びつけられるのは日本だけらしいです。そして、新しい治療法が出来上がって、多くの人々の苦しみを和らげることができれば、すばらしいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チリの地上絵!(BlogPet)

ももすけはtamaで世界に旅するはずだったみたい。
またクスコでtamaが旅したかったの♪
またきょうは、海岸目印するつもりだった?
またクスコにデビューした?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ももすけ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーノートにウールーチン!

ピーボ・ブライソン、すっごくいい声~!!迫力あるし、まさに“バラード・キング” もう彼の世界に浸ってしまいました♪

てなわけで、 ノーマン・ブラウン&ピーボ・ブライソンのブルーノート東京公演に行ってきました。

ノーマンのギターで始まり、合間合間にビーボが歌で登場というステージ構成。二人ともファンサービスがすばらしく、途中ノーマンはギターを弾きながら、ビーボは握手をしながら客席を回ってくれたりして、ご機嫌です☆

そしてそして、観客としてウールーチン(呉汝俊)がお忍び?で来ていたのです!ビーボが紹介しちゃったのでばれちゃいましたが、ウールーチンもその場ですがあいさつしてくれました。

実は公演前二人についてよく知らなかったのですが、なるほどブルーノートははずれがないですね。ふたたび心地よい時間を過ごせました。

帰路、まもなくオープンの表参道ヒルズを横目に帰ってきました。見事にブランドショップばかり。通りをはさんだところに白亜の建物が・・・よく見るとラルフローレン! その向かいには小学校、わきには交番という立地には・・・^_^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

できることを

東君平さんの『紅茶の時間』という詩集に入っている詩です。

できないことをできるようになるのもいいけど、いま自分にできることを・・・というような内容なのですが、それをなんとも心に響くように語ってくれます。

君平さんの詩は、まっすぐでやさしくって元気になります。

かわいらしい絵もあったかい感じがして。

ところで、以前『詩とメルヘン』という雑誌があったのをご存知でしょうか。

やなせたかしさんの編集によるもので、素敵なイラストと詩がいっぱいの美しい絵本のような雑誌でした。

東君平さん、黒井健さん、おおた慶文さん などなど、今思うとそうそうたるメンバーの作品が掲載されていました。

この当時から黒井健さんのイラストが好きで、今年も黒井さんの風景画のカレンダーで四季の移り変わりを楽しんでいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ミート・ザ・クラシック」(BlogPet)

途中ももすけが、ブエノスアイレスで広いドレスなども話してくれました♪
ももすけが、よいチェロなど弾けるように
途中ももすけが、ブエノスアイレスの冬、タイスの瞑想曲、チャールダーシュという構成
途中、バイオリン講座は高嶋さん、コンサートシリーズなどを到着すればよかった?
サーが、ジャケットとかバイオリンを瞑想曲、チャールダーシュという構成
と、tamaは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ももすけ」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『特攻野郎Aチーム』

久しぶりにちょこっとだけ見ることができました (^^♪

テレビ東京系でこのテレビシリーズの再放送、やってるんですよね。

以前(10年以上前です。。。)はテレビ朝日系で再放送やっていて、よくみていました。

映画解説者の淀川長治さんもお好きだったようで、この映画を解説するときとてもうれしそうで、特に飛行機に乗れないコング(ミスターT)がお気に入りだったようでした。

内容はベトナム戦争での脱走兵(?)として追われているメンバー3人+1人(ハンニバル、フェイス、コング+モンキー)が、困った人の依頼を受けて事件を解決するという、アメリカ版必殺仕事人みたいな内容で、とにかく痛快です!

テーマ音楽を聴くとわくわくしてきて、元気になりますよ。

ちなみにリーダーのハンニバル役は、『ティファニーで朝食を』ジョージ・ペパードです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »