« 都響・多摩特別演奏会 | トップページ | 雨上がり »

旅の記憶・ペルー編④

再びペルーの旅の話です。あと2回くらいで終わる予定なので、よろしくお付き合いくださいませ。

クスコから今度は世界で最も高いところにある湖・チチカカ湖を目指します。

チチカカ湖の玄関口プーノへは、高山列車で向かいました。例の通り、出発はペルー時間により朝出発予定が、お昼近くにようやく出発。

途中4000メートル くらいの高地を走るので、客車には吸入用の酸素が常備されています。さすがに一番高いところを走っているときは、身動きすることも大変で、ぼーっと車窓を眺めていました。

RIMG0043

←駅に列車が止まるたび、観光客目当てにいろいろなお土産を売りに来ます。

窓から品物が投げ込まれ、気に入れば値段を交渉し、代金を払うというシステムです。

プーノに着いたのは夜も遅くなってから、駅からバスでチチカカ湖半のホテルに移動。

ここで体調に異変が!!

頭痛、嘔気、体がだるい・・・・・・そう、高山病 になってしまったのです。

クスコでは大丈夫だったのですが、プーノあたりは標高3800メートルほど。富士山よりちょっと高いくらい。

結局、翌日のチチカカ湖観光は涙を呑んで我慢、高山病に効くコカ茶(コカインの葉っぱのお茶)を飲みながら寝ていました。。。

それでも収穫はありました。ホテルの部屋はまさにレイクビューだったので、静かに湖を眺めながらハードな旅程のひと休みができましたし、プーノを発つ日の朝、地元のお土産やさん(?)がホテルに出張してきて、ベビーアルパカの手編みのセーターやインカモチーフの刺繍が施されたタペストリーを格安で手に入れることができました♪

帰りは空路リマへ。高度が下がったら、高山病はうそのようにケロッと治ってしまいました(^_^.)

|

« 都響・多摩特別演奏会 | トップページ | 雨上がり »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

スイスの峠を自転車で走ってた時、小腹が空いてきて、
「ヤベッ、ハンガーノックになる」と、
思って、携帯しているはずのカロリーメイトを、背中のポケットから
取り出そうとしたのですが、忘れていました。
「えええええええええ!!!!!」って、
思った時には、ハンガーノックになってました。
もう、炭水化物による脂肪燃焼パワーは使えなくなってました。
自力で脂肪を燃やしてパワーにするのってコンナに辛いんだと実感しました。
帰りはとてもキツカッタです。
峠で死ぬかと思いましたよ。
次の日も、全身に乳酸がたまり、カチカチのパンパンでした。
今ではいい思い出です。

って、全然違う話ですいません。
実は、マラソンの練習で有名なボルダーとかにも行ったことがあるのですが、
俺って全然平気な馬鹿なんです。
ゴメンナサイ。

投稿: ZENRA-MAN | 2006/03/20 23:59

行きたいけれど、高山病があるし、遠いしで、実現できそうにない土地の一つです。。。
テレビで見るたびに行きたいな~って思います。
神秘的だし♪

投稿: パルフェ | 2006/03/21 08:37

ZENRA-MANさん
すごいところでトレーニング?競技?されてるんですね!
そっか、炭水化物(糖質)と蛋白質は4Kcalで燃えるけど、脂質は9Kcal必要なんでしたっけ。それは大変!!
やはり、ZENRA-MANさんは、とてもすごい人です。。。


パルフェさん
保険適用外ですが高山病の予防、治療薬があります。←ある種の利尿剤・ダイアモックス(R)
確かにちょっと遠いですよね~。気力と体力が必要です。でも行っただっけのことはありますよ☆

投稿: 管理人 | 2006/03/21 19:54

なるほど~。楽しませてもらってます。
この旅は行くどれくらい前から行く決定をして、それに備えての準備はどんなでした?
言葉とかお金の事とか。
私の場合は決定は海外は1ヶ月ほど前に決定かな。それから現地の言葉を自己流で挨拶とか食事のオーダー、何か買うとかの会話をどうにかつうじつくらいに。それと単語帳を作って・・。お金は出来るだけ現金を利用してその国の買い物を楽しんでいます。英語は公共の場ではだいたいどこでもOKですが現地の住民と話す時は英語が通じないことが多いいですね。だから私の旅は英語が基本ですが後は現地の言葉をということでミックスです。
よっぽど通じないときは単語帳の出番となります。

投稿: かば | 2006/03/22 07:38

世界は広いな~と思いました。
小鳥は海外未体験者なので、全然文化の違う国、行ってみたいです。
高山病に効くコカ茶…コカインの葉っぱとは…なんだかスゴイですね。(ちょっと怖いかな(^_^.))

投稿: 小鳥 | 2006/03/22 12:03

レス遅くなってすみません<(_ _)>

かばさん
このときは当初、フリーで行くつもりで準備していたのですが、
場所も場所だし初めてということもあり、
ツアーにすることになって、
2,3ヶ月前ごろからどのツアーにするか検討して、1ヶ月前には申し込みをしたと思います。
言葉は、ペルーに絶対行くって決めていたので、大学でスペイン語を2年間履修し、2年の春休みに決行しました。お金は、ドルが使えるとのことで、ドル現金とカードでした。
今では、長いときはシティバンクカードを利用してます。
あと「地球の歩き方」を熟読(笑)
かばさんは単語帳まで作っていかれるんですね!すごいな。やはり、現地の人が使ってる言葉でコミュニケーションしたほうが、ぐっと距離も近くなるし、楽しいですよね♪
あっ、かばさん英語ぺらぺらなんですね!!


小鳥さん
きっと一度外国に行くと病み付きになると思いますよ。
日本の良い面、悪い面も見えてくるし、視野とか感じ方とかぐっと広がると思います。
コカ茶は意外と飲みやすくて、何杯ももいけちゃうの。やばいっ!お土産に買っていこうと思ったら、さすがに止められました。麻薬原料ですものね(^^ゞ


投稿: 管理人 | 2006/03/23 18:10

あっ!トレーニングとか競技とかそんな大層なものではないです。
ただのサイクリング程度です。
ちょっと勾配がかなりキツイですが。
日本では味わえないスガスガしさなんで、呼吸が速くなっても、空気がイイせいか、
気持ちがイイです。
山間部の町の風景とかもキレイで視覚的にも気持ちがイイですよ。
イタリアとかスイスとかドイツの南西部とかの山を自転車で走るのは最高です。
コレはオススメですね。

投稿: ZENRA-MAN | 2006/03/23 21:46

旅先?でサイクリングですか!
美しい景色を見ながら風を切って走るって、
ほんと、気持ちよさそうですね♪
ZENRA-MANさん、旅の達人ですね。

投稿: 管理人 | 2006/03/24 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141976/9179402

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の記憶・ペルー編④:

« 都響・多摩特別演奏会 | トップページ | 雨上がり »