« ピーター・ポール&マリーなど・・・(BlogPet) | トップページ | 旅の記憶・ペルー編③ »

旅の記憶・ペルー編②

リマの空港でパイロットが来るのを待つこと数時間、国内線に乗り換えて、インカ帝国の首都として栄えたクスコへ。

RIMG0038

←クスコの町並み。赤茶色の屋根が連なり どこか懐かしい感じのするところ。

高度は2000メートル3400メートルくらい。夏でも涼しいです。

初日は、クスコの街を 観光。RIMG0064

夜はレストランでフォルクローレの夕べ。 →

食事はコレラの流行のため、名物の魚介類は一切食べられず、肉料理ばっかりでした。

民族衣装を着た現地のダンサー(?)の踊りとフォルクローレの演奏を満喫。

いよいよ翌日はメインのマチュピチュへ!

|

« ピーター・ポール&マリーなど・・・(BlogPet) | トップページ | 旅の記憶・ペルー編③ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

本場のフォルクローレ、踊り付きなんて
良かったでしょうね~~。
私は以前ストリートミュージシャン(もちろんむこうの方)がやっているのを聴いた事あるんですけど、ステキでしたよ♪
本場のはいいでしょうね。
羨ましい!!

投稿: Kiiko | 2006/03/17 21:48

右の画像見たらなぜか、一人でジプシーキングスの「ボラーレ」を
デカイ声で歌ってました。
やっぱ馬鹿なんですね、俺ってwww

投稿: ZENRA-MAN | 2006/03/17 21:53

私の今の旅禁断症状はtamaさんのこの旅行記に頼ります。
トランジットも疲れるかもしれないけど
同じ料金でいろんな飛行機乗れるし、場合によってはその国の食事も機内で食べれるから楽しい事もあるよね。ブリティッシュエアウエイズの食事はお国そのもののメニューでした。これもトランジットのおかげで・・。

投稿: かば | 2006/03/18 09:33

◆Kiikoさん
音楽と踊りってわくわくしてくるんですよね♪
そうですね、以前は街でフォルクローレ演奏を見かけたことあります。
どこか懐かしくて哀愁漂う音楽に一時期はまり、フォルクローレのサークルに出かけてケーナ習ったりしてました。


◆ZENRA-MAN さん
それは後ろのバンドメンバーですね?
同じラテン系、分かる気がします。
ボ~ラ~レ♪


◆かばさん
それは責任重大だわ(^_^;)
少しでも解消できればうれしいです☆
トランジット、そういう考え方もあるんですね!確かにメキシコで、お土産やさんとか見れましたっけ。
ブリティッシュエアウェイズ、良いみたいですね~。イギリスへはヴァージンアトランティックでした。。。

投稿: 管理人 | 2006/03/18 17:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141976/9135290

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の記憶・ペルー編②:

« ピーター・ポール&マリーなど・・・(BlogPet) | トップページ | 旅の記憶・ペルー編③ »