« 万葉集とクラシック音楽 | トップページ | 旅の記憶・ペルー編⑤(BlogPet) »

『ナスカ展』

上野の国立科学博物館で開催されている特別展「世界遺産 ナスカ展地上絵の創造者たち に行ってきました♪

連日盛況とのこと、平日でも結構人が入っていたので、土日などはすごいことになっているのでしょう・・・

展示は2部構成になっていて

第1部:「ナスカー砂漠からのメッセージ」では、ナスカの自然、暮らし、文化などについて、出土した土器や織物、ミイラなどが展示されています。この世界観、好きなんですよね~。動物や幾何学模様の表現も豊かですね。

第2部:「地上絵の謎」では、地上絵が描かれた謎について、考古学者たちのさまざまな仮説と地上絵の一部の再現、さらに巨大スクリーンによるナスカの地上絵の映像上映があります。これが目玉でしょうね。

地上絵の映像は、出口近くに設けられたVRコーナーで見ることができます。大画面シアターでナスカの地上絵をバーチャルリアリティーにより、コンドルにでもなったような気分で空から見下ろすことができます。セスナ酔いもないから、現地で見るよりいいかも(^_^)

最近のDNA研究で分かったことらしいのですが、日本人のなんと6割は新大陸の先住民と同じタイプとのこと!!日本人とインディオの人たちは遠い親戚なんですね。なるほど~、ペルーに行ったときのどこか懐かしい感じは、当然の感情だったのかもしれませんね。

最後に、お土産コーナーで図録と小物を購入。雨の音がする楽器(名前忘れてしまいました)、最後まで迷ったんですが、図録と同じ値段だったので、ぐっとがまんして帰ってきました。。。

久しぶりの科学博物館、地下3階から地上3階+屋上ガーデンまでのきれいな新館(常設展)ができていました。1階の展示室しか入ってこなかったのですが、こちらもなかなか見ごたえがありそうです。

↓ここで、100円割引券が手に入ります。よかったらプリントアウトして使ってください☆

http://www.tbs.co.jp/nascaten/

|

« 万葉集とクラシック音楽 | トップページ | 旅の記憶・ペルー編⑤(BlogPet) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ナスカの地上絵は宇宙人説があって
子供の頃から興味がありました。
太古の時代、宇宙人が来て描いていたとしたら・・・と思うと夢が膨らみます。

ところでキリぺたを踏んじゃいました。
とても嬉しいです。
今日はタイガースも負けたし、炊飯器は壊れちゃうしいい事なかったんで、何だかハッピーな気分です。

これからもどうぞよろしくね!!

投稿: Kiiko | 2006/04/13 22:06

俺の場合は、インディオと遠い親戚というか、インディオかも知れませんwwww
まず、見た目が(ry

すげぇ~、買うの我慢したんですか?
俺だったら、ソレ、雨の音がする楽器が輝いて見えて、速攻で買ってしまいそうです OTL

投稿: ZENRA-MAN | 2006/04/13 22:23

いいの見てきたんですね。
雨の音がする楽器気になります。
行ってみたいです。

投稿: かば | 2006/04/13 23:36

tamaさん、こんばんは。
ナスカ展いかれたんですね。どうやら先を越されてしまったようです(笑)

平日で混んでたのなら、休日は避けたほうが無難でしょうね。近々行ってみるつもりです。

投稿: 武千代 | 2006/04/14 03:56

Kiikoさん
そうですよね、地上絵の説には夢がありますよね~

きりぺた、おめでとうございます!
そしていつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします(*^_^*)


ZENRA-MANさん
そういわれると、輝いていたかも・・・
癒しの音がするその楽器、ちょっと目立たないところにあったので、誰も注目していなかったんです。
買ってくればよかったかなぁ。。。


かばさん
筒状の植物(葦の仲間?)を乾燥させたものの中に、種のようなものがたくさん入っていて、楽器を傾けると「ザー」って雨のような心地のよい音がします。物により音の高低が違い、筒の長さがあるほど、音を長く楽しめます。


武千代さん
展覧会情報をありがとうございました!
すみません、お先に行ってまいりました^^;
金曜日は、閉館時間ちょっとのびて8時のようです。

投稿: 管理人 | 2006/04/14 20:39

tamaさん、その楽器は作りは素朴だけども奥が深いんだね。そういうのっていいなぁ。
自分で持っていたらいろいろ工夫してその日の音を作るのに挑戦しそう。
素朴は私のテーマでもあるんです。

投稿: かば | 2006/04/16 13:55

そうですね。きっとその日の気分やお天気によっても違う音に聞こえてきそうです。
民族楽器って、素朴だけど心にしみる音色を奏でるんですよね。
中南米の雑貨を扱っているお店(チチカカなど)にも、あると思います。

投稿: 管理人 | 2006/04/16 20:00

そ、その雨の音がする楽器、知ってますー!勤めてた会社の社長が、どこぞの展示会で惚れ込んで買ってきてました。結局、「売り場に置いてもらえそうもない」という理由でお蔵入りに・・・。(化粧&健康関連グッズを扱う会社だったもので。)物置部屋に放置されてましたが、アレはその後どうなったのかなあ?
みなさん、興味おありのようですね。採用されてたら、ヒットしたかしら?

投稿: はく | 2006/04/17 18:43

へえ~、そうなんだ!
私、ほしかったなぁ・・・
お手ごろ価格なら、意外とヒットしたかもしれませんね(^^)


投稿: 管理人 | 2006/04/17 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141976/9570803

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナスカ展』:

« 万葉集とクラシック音楽 | トップページ | 旅の記憶・ペルー編⑤(BlogPet) »