« 「世界の車窓から Next Journy」(BlogPet) | トップページ | 旅の記憶・カンボジア編 »

live image 5

すばらしかったです。感動は期待以上でした!

以前から行ってみたいなと思っていた live image 。昨日、東京フォーラムにて行われた今年6回目となるコンサートシリーズに初めて行ってきました。

地下鉄からの会場連絡口から、すでにホールAに向かう人並みが・・・

コンサートは、音楽監督の羽毛田丈史さん作曲の「Joyful Air Line~live image prologue~」での華々しい幕開け。演奏とともに、照明の演出やメインスクリーンでは地球上の美しい映像に、期待が膨らみます。

出演は超豪華メンバー。以下演奏順の参加アーティストです。

第一部:オーケストラ・イマージュ、松谷卓、小松亮太(バンドネオン)、カルロス・ヌニェス(ガリシアン・パイプ)、加古隆

第二部:ゴンチチ、宮本文昭、羽毛田丈史、葉加瀬太郎

各アーティスト2~4曲ずつ、時には他の出演者の応援もあったりで盛り上がります。

すべてがすばらしいのですが、特にこのライブで気に入ってしまったのが、小松亮太さん、加古隆さん、羽毛田丈史さんです。

お名前は聞いたことがあったのですが、作品と演奏が結びつかないでいました。作品も演奏もすばらしく、個々のライブにも行ってみたくなりました。

例によって宮本さんについてですが(笑)、派手な衣装と長いトーク。話が長いため彼だけ2曲のみの演奏だったとか。一曲はいつもの「風笛」。もう一曲が泣かせてくれました・・・「smile」です。来春演奏活動終了予定のため、live image への参加が最後となるとのこと。お別れは ”smile”でという気持ちを込めての選曲と。演奏中うるっときてしまいました。

トリの葉加瀬さんの生演奏も初めてだったのですが、さすがですね。ヴァイオリン、すばらしいです。そして盛り上げるのもうまい!

アンコール2曲も含め(1曲目はなんと、加古さんと羽毛田さんの贅沢なピアノ連弾もある編成)4時間弱!!と、こんな長いコンサート初めて。でも時間を感じさせないものでした。

座席は、2Fの後ろのほうでステージははるか下方だったのですが、十分楽しめました。

欲しいCDもたくさん出てきちゃったのですが、とりあえずは記念に絵本のようなパンフレットのみを購入してきました。

このコンサート、一度行ったらやみつきになりそうです☆

|

« 「世界の車窓から Next Journy」(BlogPet) | トップページ | 旅の記憶・カンボジア編 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

ゴキゲンヨウ、僕です。

ゴンチチと葉加瀬は生で見てみたいなぁ~。
ゴンチチと葉加瀬はCD持ってるから、唯一分かりますわ。
最近、ライブ行ってないなぁ~。

仕事がね。
あ~ OTL

投稿: ZENRA-MAN | 2006/05/14 20:16

こんばんは!

参考までに、演奏曲ですが、ゴンチチは「楽しみな週末」「夕空暮色」「忘我の調べ」「放課後の音楽室」の4曲。葉加瀬さんは交響詩「希望」Symphonic Poem "Hope"、アンダンテ・カンタービレ~ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467より第2楽章、「リベルタンゴ」、「情熱大陸」の4曲でした。
ゴンチチに新メンバーとして獅子舞ダンサーが加わったんですよ(笑)

ライブ、たまには行けるといいですね~

投稿: 管理人 | 2006/05/15 20:42

このところ音楽にじっくりと向き合ってないのでこちらのblogで「音~♪~楽~♪」って久しぶりに感じました。
葉加瀬さんのviolin良かったですか。
TVで数日前モーツァルトのピアノコンチェルト21番の2楽章をオーケストラと一緒に弾いていました。よかったです。
人間あまり忙しくてはいけませんねぇ。
リセットしようとしているかばです。

投稿: かば | 2006/05/17 18:27

そう言っていただけるとうれしいです♪
葉加瀬さん、のってる人なんだなと思いました。巧い。いい音でしたよ。
私もこのところずっと忙しくて、今回のライブで活力をもらったという感じです。
かばさんも、またじっくり音楽できるといいですね!

投稿: 管理人 | 2006/05/18 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141976/10064740

この記事へのトラックバック一覧です: live image 5:

« 「世界の車窓から Next Journy」(BlogPet) | トップページ | 旅の記憶・カンボジア編 »