« 虹 | トップページ | 宮本文昭×東京都交響楽団 »

旅の記憶・カンボジア編②

アンコールとは、9~15世紀、カンボジアに栄えたアンコール王朝の遺跡のことで、数々の遺跡があるが、その中心となるのが都城址であるアンコール・トムと寺院址であるアンコール・ワットである。(広辞苑参照)

はじめにアンコール・トムを訪れました。

まず迎えてくれたのが、南大門前の石造。門に向かって右側に阿修羅、左側に神々が連なり綱引きをしているとのこと。

門をくぐると広場の向こうにバイヨン。壁一面に施されたレリーフと、にょきにょきと生えているような仏像が圧巻。

レリーフでは王朝の成り立ちの物語が語られ、仏像は静かな微笑をたたえていました。

Rimg0112 Rimg0113

|

« 虹 | トップページ | 宮本文昭×東京都交響楽団 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんか俺も行ってみたくなってきた
けど、危険地域だからなぁ~
あ~、平和になってくれ!

投稿: ZENRA-MAN | 2006/05/26 00:55

いいですよ~
もう一度行ってみたいくらい。
観光でガイドさんつきなら、問題ないですよ。

投稿: 管理人 | 2006/05/26 21:20

tamaさんはいいなぁ。
年齢はtamaさんのほうがずっとお若いと思うのですが、私がtamaさんの年位の時は
仕事、仕事に追われていました。
まさに「後悔先に立たず」です。
でもtamaさんの旅行記で旅をさせてもらっているかばです。ありがとう。

投稿: かば | 2006/05/27 19:32

えっ?私、結構いってますよ(笑)

お仕事一生懸命されていたんですね。
でも、それはすばらしいことだと思います。

いまだ定まらず、日々模索しております。

旅行記、楽しんでいただければうれしいです☆


投稿: 管理人 | 2006/05/28 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141976/10239658

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の記憶・カンボジア編②:

« 虹 | トップページ | 宮本文昭×東京都交響楽団 »