« 旅の記憶・カンボジア編② | トップページ | live image 5(BlogPet) »

宮本文昭×東京都交響楽団

たびたび恐縮です。

宮本文昭さん追っかけシリーズ(笑)。もとい、宮本文昭ファイナルコンサートシリーズのオーケストラスペシャルⅠに行ってきました。

2部構成で第1部は宮本さんのオーボエ独奏+都響小規模編成によるアルビノーニとモーツアルトのオーボエ協奏曲2曲、第2部は宮本さん指揮による都響・ベートーベン交響曲第4番変ロ長調。

オーボエはいつもながらすばらしい演奏でした。拍手が鳴り止まず、何度も舞台に登場。

指揮の方は・・・宮本スタイルとでもいうのでしょうか、後姿しか見えないのですが、おそらくこぶしと顔で指揮をされている感じ。見ていても楽しめました(*^_^*)

今回、会場でCDを購入すると、終演後にサインをしてもらえるということで、CDを購入しサイン会に参加しました!これが、楽屋口で行われたので、始まるのを待っている間、楽器を持って出て行く都響のメンバーにも遭遇。かっこいいですね~。あこがれてしまいます。チェロの主席・古川展生さんもすぐそばを通っていかれました♪チェロケースは黒の高価なものだったような。。。

宮本さんは一人一人に「ありがとうございます」と言いながらサインをしてくださいました。演奏と指揮で相当お疲れだった思うのですが。その心意気がうれしいな~。私は10番目ぐらいだったのですが、まだまだ後ろは長蛇の列!!全員にサインをされたら相当時間がかかったと思われます。本当にお疲れ様でした。

会場はサントリーホールだったのですが、実は今回初めて行きました。想像していたほどは大きくなかったです。感心したのが、案内のスタッフの方々。人数も多く案内は行き届いていて、なんと、トイレの誘導までしてくれました。

ホールは初だったのですが、アークヒルズのテレビ朝日には学生時代一度だけ行ったことがあります。ニュースステーション番組中の電話調査のバイトだったのですが、実働は2時間足らず、お弁当がついて時給もすごくよかったです。さすがテレビ局、太っ腹と思ったのが、夜遅いので、帰りはタクシーで送ってくれるんです。高速使って埼玉まで深夜料金プラスだと、賃金よりよっぽど高くついたと思うんですけど。当日大学にスタッフが来ての急募だったので、それもやむ終えなかったのでしょうかね。二度とできない経験ですね☆

←このCDにサインをしてもらいました♪

宮本さんと交流のあった方たちが参加・協力しているアルバムです。

|

« 旅の記憶・カンボジア編② | トップページ | live image 5(BlogPet) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

最近、俺はクラッシクをテクノに編曲するのがすきで、個人的に楽しんでます。
なので、宮元ちゃんのCDもチェックしてみます。
もちろん、普通にクラシックを聞くのも、危険なテンションが落ち着いてwww好きですが。

投稿: ZENRA-MAN | 2006/05/30 12:40

すごいなぁ。高度な楽しみ方ですね!
今回のCDは、イマージュメンバーのほかにも、DEEN、角松敏生、S.E.N.S.鳥山雄司さんなどが参加されている、スタジオ最後のアルバムです。

投稿: 管理人 | 2006/05/30 22:16

サントリーホールとその周辺
私の好きな場所の一つです。
学生時代、いいバイトしたんですね。
広場の噴水?の流れも今の時期には
ちょうどいいですね。

そこで聴いたチェログランドコンサート、23人のチェリストの演奏は今も感動が心にあります。

でもオーボエはよく分からないかばです。

投稿: かば | 2006/05/31 19:46

いいところですよね。
ホール前の広場もバラが花盛りでした。
噴水は・・・ごめんなさい、ちょっと覚えていません。

23人のチェロ演奏、迫力あるでしょうね~
聴いてみたいな。

オーボエ、詳しいことはわからないんですけど、チェロと同様、私に響く音なんです。

投稿: 管理人 | 2006/06/01 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141976/10297391

この記事へのトラックバック一覧です: 宮本文昭×東京都交響楽団:

« 旅の記憶・カンボジア編② | トップページ | live image 5(BlogPet) »