« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »

いただいちゃいました♪

ブログペット友達のKiikoさんから、素敵なプレートをいただいちゃいました!

900-s Kiikoさんの作品です☆

きりぺたを踏んでしまった記念に、ご用意してくださったものです。

名前も入れてくださって、感激!

人を喜ばせることができる特技を持っているって、すばらしいですね♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

旅の記憶・ペルー編③

マチュピチュへはクスコから列車で向かいます。

ふもとの駅に着いたら、バスに乗り換えいざマチュピチュへ!

インカ帝国、謎の空中都市マチュピチュ

ここに来るのが子供の頃からの夢でした。

いま自分がここにいる、かつてインカの人々が暮らした場所にたっている。

信じられない・・・でも胸は躍っていました。

遺跡は霧や雲がかかっていることが多いのですが、霧が晴れたら歓声が!

RIMG0041 RIMG0068

RIMG0042 ←画面下半分が遺跡。右上の山に登ることもできるそうです。

お天気が今ひとつだったためか、この日は観光客も少な比較的ゆっくり遺跡を回ることができました。

ところで、マチュピチュ名物『グッバイボーイ』を知っていますか?

遺跡からふもとの駅まで、バスで降りていくのですが、彼は獣道のような別ルートを使ってバスを先回りし、カーブごとに「ぐ~っば~い~」 と、どこか寂しげな声で叫びながら手を振って見送るのです。

駅についてバスを降りるとびっくり、さっきの少年がいるではありませんか!

観光客は、彼に贈り物(チップ)をあげずにはいられないわけです。。。

さて、列車が来るのを近くのお土産やさんをみながら待ちます。町よりも安くて素朴なお土産が手に入りますよ。

クスコに戻るまでだんだんと日が暮れていき、あたりは真っ暗に。

列車はスイッチバックでゆっくりと駅に向かいますが、ふと車窓をみるとすばらしい夜景 が!!

都会のような派手なネオンや高層ビルの明かりではなく、クスコの人々の暮らしの灯りが、漆黒の闇に浮かんでいます。

美しく静かな、忘れられない情景です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

旅の記憶・ペルー編②

リマの空港でパイロットが来るのを待つこと数時間、国内線に乗り換えて、インカ帝国の首都として栄えたクスコへ。

RIMG0038

←クスコの町並み。赤茶色の屋根が連なり どこか懐かしい感じのするところ。

高度は2000メートル3400メートルくらい。夏でも涼しいです。

初日は、クスコの街を 観光。RIMG0064

夜はレストランでフォルクローレの夕べ。 →

食事はコレラの流行のため、名物の魚介類は一切食べられず、肉料理ばっかりでした。

民族衣装を着た現地のダンサー(?)の踊りとフォルクローレの演奏を満喫。

いよいよ翌日はメインのマチュピチュへ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ピーター・ポール&マリーなど・・・(BlogPet)

きょうももすけは、リアルタイムが授業するはずだったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ももすけ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の記憶・ペルー編①

久しぶりに旅のお話です。

国内外とも旅行好きで、ずーっと仕事していると禁断症状が・・・

学生時代は時間はあってもお金がない。社会人になるとお金はあっても時間がない。。。

ジレンマですよね。

でも、少なくとも年に1度はどーんと旅して、リセットしたいと思っています。

これまでは、世界や日本の文化、遺跡をみることが旅の主な目的で、とにかく歩け歩けの結構ハードな日程をこなしたことも多かったのですが、最近は、のんびりゆっくりまったりの旅もいいかなぁと。年齢のせいかな(笑)

でも夢は世界遺産制覇ですから♪

ただ、ここしばらくはあまり出かけられないので、写真を少しずつ撮りなおし、過去の旅の話を書いていこうかなと思います。

以前も書いたのですが、私の海外旅行デビューはペルーでした。スルーガイドさんがつく、最初で最後のすべて込み込みパッケージツアー。当時、現地ではコレラが流行、世界的にみると戦争も勃発。当日までツアーが決行されるかもちょっとあやしい状況でした。

でも、結局行っちゃいました!

ペルーは遠いです。ほぼ日本の反対側。まず、成田から大韓航空でロスへ。飛行機をアルゼンチン航空に乗り換えてメキシコシティでトランジット、ようやくペルーの首都リマに着いたのは成田をたってから1日近くかかっていたのでは。。。

ペルーまでの直行便もありますが、安いツアーを選んだので乗り継ぎだらけ。ペルーに着くまでに結構疲れましたが、今となっては良い思い出です。

RIMG0073 ←リマの空港で。ペルーの国内線。

  ペルー時間というのがあるらしく、パイロットは出発予定時刻になってもいっこうにやってきません。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『八丁堀の七人』終了?

第7シリーズを数えた、テレビ朝日系列の時代劇(毎週月曜放映)が、今月で終わってしまいました。

内容は、北町奉行の与力・青山久蔵と6人の同心たちが事件を解決していく、人情味あふれる時代劇です。

これまでは、次のシリーズにつながる余韻を残した終わり方なのですが、今回は死を覚悟しての直訴にのぞむ主人公たちの様子から、あれ??って思っていたら、番組の最後に『完』の文字!

え~!!

半信半疑で番組のHPを見てみたら、どうやら本当に終わりのようです。

残念。。。

最近の時代劇のシリーズ物では一番のお気に入りだったのに・・・

毎回ドラマの最後、久蔵(村上弘明)と八兵衛(片岡鶴太郎)の掛け合い、それぞれいい味出していて、とても楽しみにしていました。

スペシャルでもいいから復活してほしいな。

ところで、八丁堀の七人・占い http://u-maker.com/104441.html

なるものを見つけてしまいました☆

生年月日で占うもので、登場人物の誰かに当てはまるようになっています。登場人物についてはこちら http://www.tv-asahi.co.jp/hacchobori/cast/index.html をご参照ください。

ちなみに私は『岡っ引きの徳松』でした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »