« 2006年3月12日 - 2006年3月18日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »

旅の記憶・ペルー編④(BlogPet)

tamaで、身動きするつもりだった。 それでもきのうtamaで、涙も旅するはずだった。 それでもクスコで身動きするはずだった。 それでもクスコに身動きしなかったー。
今週の「ものしり英語塾」の曲は、カーペンターズ、アバ、ビートルズなどを知り、英語も好きになって、ついには暇があればFMやFENを流している、ラジオ族(?)に。 英語の授業で、確か「パフ」。 どこか懐かしいほっとするような雰囲気が気になっていきました☆毎月英語の先生が、中学生でも親しみやすく分かりやすい曲を1曲とりあげ、授業の前にみんなで歌ったものでした。 最初に買った洋楽は、当時ちょっと難しかったけど、歌えた時はうれしかったな。 これをきっかけにだんだんと洋楽を聴くようになって、後にベストを買いました。 12月に取り上げられた「ラストクリスマス」は、カーペンターズのベストでしたっけ。 カレンの歌声をリアルタイムで聴けなかったのは、ピーター・ポール&マリーを初めて聴いたのは残念。 でも、よいものは残りますものね。
*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ももすけ」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨上がり

庭のつぼみもふくらみ

RIMG0081 RIMG0093

                    

    

                  

沈丁花の花、香り立ちRIMG0082

そして青空がのぞき  

RIMG0091

RIMG0094

・・・春、ですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

旅の記憶・ペルー編④

再びペルーの旅の話です。あと2回くらいで終わる予定なので、よろしくお付き合いくださいませ。

クスコから今度は世界で最も高いところにある湖・チチカカ湖を目指します。

チチカカ湖の玄関口プーノへは、高山列車で向かいました。例の通り、出発はペルー時間により朝出発予定が、お昼近くにようやく出発。

途中4000メートル くらいの高地を走るので、客車には吸入用の酸素が常備されています。さすがに一番高いところを走っているときは、身動きすることも大変で、ぼーっと車窓を眺めていました。

RIMG0043

←駅に列車が止まるたび、観光客目当てにいろいろなお土産を売りに来ます。

窓から品物が投げ込まれ、気に入れば値段を交渉し、代金を払うというシステムです。

プーノに着いたのは夜も遅くなってから、駅からバスでチチカカ湖半のホテルに移動。

ここで体調に異変が!!

頭痛、嘔気、体がだるい・・・・・・そう、高山病 になってしまったのです。

クスコでは大丈夫だったのですが、プーノあたりは標高3800メートルほど。富士山よりちょっと高いくらい。

結局、翌日のチチカカ湖観光は涙を呑んで我慢、高山病に効くコカ茶(コカインの葉っぱのお茶)を飲みながら寝ていました。。。

それでも収穫はありました。ホテルの部屋はまさにレイクビューだったので、静かに湖を眺めながらハードな旅程のひと休みができましたし、プーノを発つ日の朝、地元のお土産やさん(?)がホテルに出張してきて、ベビーアルパカの手編みのセーターやインカモチーフの刺繍が施されたタペストリーを格安で手に入れることができました♪

帰りは空路リマへ。高度が下がったら、高山病はうそのようにケロッと治ってしまいました(^_^.)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

都響・多摩特別演奏会

本日パルテノン多摩へ行ってまいりました!

なぜかというと・・・・・宮本文昭さんが出演するから♪
ありがたいことに、価格・座席ともよいチケットを友人が取ってくれました。

内容は以下の通りです。

指揮・広上淳一
オーボエ・宮本文昭
メゾソプラノ・林美智子
東京都交響楽団


1.モーツアルト/オーボエ協奏曲ハ長調K.314(285d)
 第1楽章 アレグロ・アベルト
 第2楽章 アンダンテ・マ・ノン・トロッポ
 第3楽章 アレグロ


2.マーラー/交響曲第4番ト長調『大いなる喜びへの賛歌』  
 第1楽章 ゆっくりと急がずに
 第2楽章 気楽な動きであわてずに
 第3楽章 平安に満ちて
 第4楽章 とてもなごやかに

モーツアルトはいつも安心して聴けます。
楽器編成:オーボエ2、ホルン2、弦楽5部(チェロ2←うち一人は人気の古川展生さん、コントラバス1、ヴァイオリン、ビオラは数えられませんでした)、独奏オーボエとなっており、都響メンバーもだいぶ絞られた編成ながら、十分厚みのある音を聴かせてくれ、さすがだな~と。

広上さんの踊るような指揮、艶のある音色を聴かせてくれる宮本さんのオーボエ、すばらしかったです。

拍手が鳴り止まず、宮本さんと広上さんは何回も舞台を行ったり来たり。ようやく照明がつき休憩となりました。

マーラーは、かつて交響曲第1番「巨人」を聴いてその迫力に圧倒された印象が強かったので、今回は、はじめちょっと趣が違う感じがしたのですが、やはりマーラーでした☆

後半から林さんの歌が入り、心地よくなって不覚にもうとうとと。。。

満足の2500円でした♪

ところで、会場では他公演のチケットを予約販売していました。RIMG0075

で、こんなもの見てしまっては買わずにいられず →

宮本さん、来年3月で演奏活動終了してしまうのですから・・・

5月公演のA席を予約してしまいました(*^_^*)

食費は切り詰められるんですけど、音楽関係と書籍に関しては、お財布のひもゆるゆるになってしまうんです。反省・・・

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2006年3月12日 - 2006年3月18日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »