« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

万葉集とクラシック音楽

雑誌『サライ』の4月20日号の特集内容です。

正確には、 "「万葉集」を旅する" と "クラシック音楽入門" の特集2本立て。

そして、とじこみ付録としてモーツアルト特製CD付き!

特集もさることながら、付録に弱い性格なので即買いしてしまいました(^^♪

CD収録曲は以下の通りです↓

1:セレナード 第13番ト長調 K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

2:歌劇 「フィガロの結婚」 序曲 K.492

3:歌劇 「魔笛」 K.620より 「夜の女王のアリア~復習の心は地獄のように」

4:ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191より 第2楽章

5:ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331より 「トルコ行進曲」

6:フルートとハープのための協奏曲 ハ長調 K.299

1,2:ネヴィル・マリーナ指揮/アカデミー管弦楽団、3:エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ)/ベルナルド・ハイティンク指揮/バイエルン放送交響楽団、4,6:ベルナルド・フォン・カラヤン指揮/ベルリンフィルハーモニー管弦楽団、5:スタニスラフ・ブーニン(ピアノ)

この雑誌、初めて買ったのですがちょっと得した気分です☆

このほかに雑誌1冊、本1冊、合計3冊を一度に購入。あ~、またやってしまいました。。。

本屋さんとCDやさん、大好きなんですけど、一つだけ買うってことがなかなかできないので、なるべく近づかないようにしていたのですが(^_^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

本屋(BlogPet)

きのう、ここに双葉はここまでエントリへblogしなかった。 *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ももすけ」がまみむめも・日記を読んで書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清明

今朝のニュースで、「今日は二十四節気の清明にあたります・・・」というコメント。

ちょっと気になり調べてみました。

清明とは「清浄明潔」の略といわれ、4月5日ごろにあたる。草木の花も咲き始め、すべてが明るく清らかで、生き生きとしてすがすがしく感じられる頃とのこと。

まさに、春、新しくいろいろなことが始まる季節にふさわしい名称ですね。

ついでに、二十四節気全部あげてみると

小寒:1月6日ごろ  大寒:1月21日ごろ  立春:2月4日ごろ  雨水:2月19日ごろ

啓蟄:3月5日ごろ  春分:3月20日ごろ  清明:4月5日ごろ  穀雨:4月20日ごろ

立夏:5月5日ごろ  小満:5月21日ごろ  芒種:6月5日ごろ  夏至:6月21日ごろ

小暑:7月7日ごろ  大暑:7月22日ごろ  立秋:8月7日ごろ  処暑:8月23日ごろ

白露:9月7日ごろ  秋分:9月23日ごろ  寒露:10月8日ごろ  霜降:10月23日ごろ

立冬:11月7日ごろ  小雪:11月22日ごろ 大雪:12月7日ごろ  冬至:12月21日ごろ

(博文館・3年連用ダイアリーより)

二十四節気は、太陰暦を使用していた時代に1年を24等分し、季節を表す工夫として考え出されたものとのこと。結果、各月に2つずつ季節の区切りとしてふさわしい名前がつけられているのですね。

古人の四季の移り変わりを的確かつ美しく表現する感性に感服するとともに、四季を感じて暮らせることを幸せに思いました。

Rimg0109

参照・引用 http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/24doc.htm

| | コメント (9) | トラックバック (0)

Morning Train (Nine To Five)

シーナ・イーストンの懐かしい曲。1日頭から離れませんでした♪

80年代の曲って、明るくって元気になるような、そして耳につくものが多い気がします。

調べてたら、この曲は彼女のデビュー曲なんですね。そしてライバルは、マドンナとのこと!知らなかった~

数年前に彼女のベスト版を購入。Morning Train (Nine To Five)、Modern Girl をはじめ、さすが、全米ヒットチャートランクイン曲、思わず身体が動いて口ずさんでしまいます☆

曲はいくつかここで試聴できます→ http://music.msn.co.jp/artist_page.aspx?aid=a1P9V

ところで、今日はすごいでしたね!

コンタクト使用者にとっては、何よりもつらい日です。時々止まったり、目をつぶって歩いたり・・・涙ぼろぼろで帰ってきました (>_<)

この風では、関東地方の桜は散ってしまうでしょうね。

今年の桜。曇り空ですが、こんな感じでした↓

Rimg0099_1  Rimg0106_1

Rimg0104

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »