« ぷちたび・小川町編 | トップページ | きのう(BlogPet) »

THANKS!宮本文昭&フレンズ

昨日3月31日のトッパンホールのコンサートをもって、宮本文昭さんがオーボエ奏者を引退されました。

私のとっての宮本さんのファイナルコンサートは、3月28日上野の東京文化会館で行われた 「THANKS!宮本文昭&フレンズ」 でした。

午後6時30開演予定が7時近くになってようやく開始。ゲストと合わせるのに時間がかかったとか・・・

コンサートは2部構成で、第1部は宮本さんのソロで6曲ほど。第2部は、これまでCD製作や、コンサートでゆかりのあるゲスト5組を入れ替わりで迎えて、宮本さんのオーボエと共演。ご本人も話していましたが、「吹きまくった」という感じでした。

生で聴ける本当に最後。1曲1曲、心から聴き入りました。すべて素晴らしかったのですが、私にとっての夢の共演は、宮本さんとチェリストの溝口肇さんの共演!なんといってもこのお二人、私の大好きな演奏家ですから。。。

宮本さんのリクエストにより、『世界の車窓から』をオーボエとチェロのみで。もう、涙ものです。

アンコールでは、ゲスト全員が途中から次々と登場し、宮本さんと握手後演奏に合流。宮本さん作曲の「The aim and end」を。

本当に素敵なコンサート。宮本さんのこれまでの奇跡、人柄が表れていました。だからこそ、たくさんの素晴らしいゲストとの共演が実現したんでしょうね。素晴らしい引き際だと思います。このコンサートに行くことができて、幸せでした。

ゲストの溝口さんが「この世からまた美しい音がひとつ、消えてしまいます」と語っていました。生ではもう聴けないことは、本当に残念です。

ただちょっと希望が・・・

このコンサート、テレビカメラが2台入っていたんですよね。TV放映やDVD化されるかも??

ちょっと期待☆

|

« ぷちたび・小川町編 | トップページ | きのう(BlogPet) »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

そうでしたか。
好きな演奏家の最後の生音を聴いたこの日は、ずーと心に残りますね。でもちょっと寂しいですよね。
tamaさんの心の宝もの一つ増えましたね。

投稿: かば | 2007/04/01 21:05

こんばんわ!

TVでオーボエを置く心境を語っていました

高校生の吹奏楽部員が望みをかなえて
練習を見てもらう番組でした

私にとっては羨ましいばかりの引き際
DVDを待ちながら拍手喝采です

投稿: かぶとむし | 2007/04/01 21:29

かばさん、こんばんは。

一昨年から追っかけて、かれこれ10本くらい
宮本さんのコンサートに出かけましたが、
やはり、ファイナルコンサートが一番心に残るでしょうね・・・
「心の宝物」素敵な言葉をありがとうございます


かぶとむしさん、こんばんは。

残念ながらその番組、見逃してしまったのです。
でも、オーボエをやめる理由を語ったのは聞きました。
本当に見事な引き際ですよね。
ぜひDVD、お願いしたいです!


投稿: 管理人 | 2007/04/02 00:06

tamaさんこんばんわ
あの「世界の車窓から」の生演奏・・感動ものでしょうねぇ!
僕もあの曲は惹かれるものがありますもん。。
好きなアーティストの曲が生で聴けるのってほんとジ~ンときますよね。

投稿: ダイビッツ | 2007/04/02 01:13

ダイビッツさん、こんにちは。

やはり、生はよいですよね~
最初で最後の共演、聴くことができて
ラッキーでした!

投稿: 管理人 | 2007/04/02 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141976/14481290

この記事へのトラックバック一覧です: THANKS!宮本文昭&フレンズ:

« ぷちたび・小川町編 | トップページ | きのう(BlogPet) »