« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »

東山魁夷展

現在、東京国立近代美術館で開催中の 生誕100年 東山魁夷展 のプレビューイベントに行ってきましたhappy01     Rimg0534

唐招提寺障壁画の「山雲」を初めて見てから、その世界に引き込まれていきました。特に「みどり」と「あお」はすばらしいですね。

今回は、その「山雲」の試作(部分)や、同じ唐招提寺の障壁画である「濤声」、「揚州薫風」も、他の作品とは階を別にして展示されており、ゆっくりと誰もいないところで静かに鑑賞することができました。目の前に広がる海。しばしこの空間を独り占めです。

Ph_09_3

本展覧会は、 本制作、スケッチ・秀作総計154作品が展示され、代表作が一同に会する過去最大の回顧展となっています。

展示は、以下のように構成されています(出品作品リストより)。

第1章 模索の時代(特集:ドイツ留学)Ph_01_2

第2章 東山芸術の確立(特集:<自然と形象>と《たにま》)

第3章 ヨーロッパの風景(特集:白馬のいる風景)

第4章 日本の風景

第5章 町・建物(特集:窓)

第6章 モノクロームと墨(特集:唐招提寺の障壁画)Ph_11_2

第7章 おわりなき旅

Ph_07

全体を通して、特に印象に残ったのが留学時代ではないヨーロッパの風景です。「静唱」パリ郊外・ソー公園の風景とのことですが、空気感が伝わってきての静寂。その絵の前に立って時が止まりました。

東京での会期は3月29日から5月18日まで。http://higashiyama-kaii.com/index.html

期間中展示がえがあるので、できればもう一度見に行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »