« 文明の生態史観 | トップページ | 旅の記憶・ヨーロッパ/イタリア編② »

ステンカ・ラージン

『世界の車窓から』は毎日欠かさず見ている大好きな番組です。

いろいろな国の車窓からの美しい風景とそれに合わせて選曲された音楽を聴きながら、束の間の旅気分を楽しんでいますtrain

現在はロシア・シベリア鉄道の旅を放映中です。

そこで、今回は勝手に 『世界の車窓から』連動企画sign02 ということで、ロシア民謡をご紹介しますwink

ロシア民謡というと、どこか哀愁を感じさせ、日本人にはわりとしっくりくるのではないでしょうか。。。 「カチューシャ」や「黒い瞳」など耳馴染みのある曲も多いですよね。

ロシア国立モスクワ合唱団が来日した時、公演を見に行く機会がありまして。。。

その素晴らしさに圧倒され、思わずCDも購入cd  その中の1曲です。

318c3w8b58l__sl500_aa300_

ステンカ・ラージン(スチェパン・チモフェエヴィチ・ラージン)は、コサック出身のロシア農民運動の指導者で、17世紀、農奴に対する圧政に抗し反乱をおこしましたが、とらえられて処刑された実在の人物です。

他のロシア民謡に比べ、男声による歌唱も加わりどこか力強い印象を受けます。

今回はドン・コサック合唱団で。

男声合唱によるこちらもすばらしく・・・ソロの低音が響きわたります。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.

おまけnote

『世界の車窓から』 のテーマ曲です。

番組ではほんの一部しか流れないので、フルバージョン、それも敬愛する作曲者ご本人 溝口肇さんのチェロ演奏でheart04

|

« 文明の生態史観 | トップページ | 旅の記憶・ヨーロッパ/イタリア編② »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは☆
世界の車窓からっていつも素敵な風景を楽しませてくれていいですよね☆
世界には、こんな場所があるんだ、こんな素敵な風景があるんだと、視野を広げてくれて、パワーを可能性を与えてくれる気がします☆

私も好きです☆

投稿: chipa | 2011/02/27 13:14

「世界の車窓から」は、
好きなのにあまり見ることができてない・・・
そんな番組のひとつですね~weep

ご紹介いただいた「ステンカ・ラージン」
男性歌唱が胸に響きますねnote

溝口肇さんのチェロnotesう~ん、しびれますね~confident
snufkin♪さんが、敬愛される・・・というのが
なんか分かるような気がします。
聴かせて頂き有難うございましたheart02

投稿: はなのいろ | 2011/02/27 14:31

「世界の車窓から」、私も大好きです!
鉄道の旅と世界各地の風景、惹かれる要素満載ですよネwink
最近はTVそのものをあんまり見ないけれど、
NHKの「世界ふれあい街歩き」も好きですnote
チェロの音色もステキですね・・・shine

投稿: hanano | 2011/02/27 14:41

chipa さん

こんにちはnote
「世界の車窓から」お好きでしたか。
うれしいな~happy01
うちに居ながらにして、世界のいろいろな風景を見せてくれる
さりげないけどよくできた番組だと思います。
翌日への元気をもらえますよね。


はなのいろ さん

そうなんですよね~sweat02
あの番組、ほんの数分間だけなので、
ちょっと油断すると、見逃してしまうんですよねcoldsweats01

どちらも聴いていただき、うれしい感想をありがとうございますconfident
どうやら私、楽器も声も低音好きみたいです。。。
溝口さんは、世界の平和を願って音楽活動をされていて、
その信念も素晴らしいなと思ったんです。。。shine


hanano ちゃん

やっぱりお好きなのね。うれしいわ~happy01
「世界ふれあい街歩き」は私も好きです。
放送時間が変わってからのがしちゃうことが多いんだけど。。。
この2番組は好きな旅番組のワンツーですねnotes
チェロ、聴いてくれてありがとうございますconfident

投稿: 管理人 | 2011/02/27 16:19

snufkin♪ さんおはようございますhappy01paper

いつもコメやつぶをありがとうpencil

noteちゃらちゃちゃちゃーららら・ちゃ~ら・らーらららん♪

そうかぁ『世界の車窓から』 のテーマソング‥そう言われてみたたらチェロの演奏notesだったんですねぇ

bell小気味よく軽快に流れる旋律に‥車窓から流れる景色を思い浮かばせ‥世界を旅する
trainbullettrain列車の揺れるリズムに身を任せ‥奏でるチェロのリズムが折り重なって‥心地よく溶けていく

線路はどこまでも続き‥国境で隔てようとも‥世界は1つに繋がっているrecycleheart01

交流が始まったばかりの頃に
ブログのタイトルやプロフィールから感じた事
この旅人は空間を旅するだけじゃなく‥時間も旅して過ぎし日に想いを巡らせているなぁ
と感じて‥

言及されていた世界の車窓から
と、何故か不思議発見がイメージ想起され

大和路の旅にレリックスポイントなどと直感的に言及してみたんですが
割と核心に迫ってたんですネ‥

ではまたpaper

投稿: とり3 | 2011/02/28 07:57

おはようちゃん。。。遅くなったけど。。ワクワク組隊登場
大好きだよ。。世界の車窓。。そうそう。。今ロシアだよね。train
ロシア民謡。。いいよね。。キュ〜ん。。ってなるもんね。。weep

自分の旅とも。。重なったりも。。するし。見知らぬ風景。。
自分もそこに座って眺めてるような。。heart02
カチューシャ。。父がロシア語少し出来てたので。。ロシア語で。。
良く歌ってくれてたんだぁ。。weepapple

投稿: jazzmainej | 2011/02/28 09:53

こんばんは(^^)

「世界の車窓から」私も大好きですよ。
いつも、あーこんな素敵な場所なら行って
みたいなーって思いながら、ねっhappy01
snufkin♪ さんが好きなのも納得出来ます。
そして、テーマ曲が溝口肇さんのチェロ演奏と
くれば最高でしょうね^^。

投稿: Rossy | 2011/02/28 19:00

とり3 さん

こんばんは。

こちらこそ、いつも素敵な言葉の贈り物をありがとうございますhappy01

ほんと、「世界の車窓」からは旅好き、音楽好き(溝口さん好き)
にはたまらない番組ですheart04

短い間にブログからそんな風に感じてくれていたのね。。。
すごい直感と洞察力flair

一度旅したところは鮮明な記憶として残っているんですよね~。
時間も旅する・・・なんて言われると照れちゃうけど、これって現実逃避かしらsweat02


jazzmaine ちゃん

こんばんは~

いらっしゃいませnote 待ってたよん
充電できたかな。。。
わくわく組隊って、とってもらしくってかわいいねhappy02

ふふ、jazzmaineちゃんもやっぱり見てるのねぇ
そうそう、車窓見ながら旅の思い出に浸ったり、擬似旅行楽しんで。。。

ロシア民謡は心の「きゅん」とくる所にふれるんだよね。
ロシア語でカチューシャ歌ってくれて。。。
やさしいお父様、素敵ねconfident


Rossy さん

こんばんはhappy01

Rossyさんもお好きでしたかnote
そうなんですよね~
みてると行きたいところが増えちゃって。。。
写真も楽しめそうなところがいっぱいですよね。
毎日この番組を見て聴いて。。。翌日の活力源にしてますgood

投稿: 管理人 | 2011/02/28 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141976/50943609

この記事へのトラックバック一覧です: ステンカ・ラージン:

« 文明の生態史観 | トップページ | 旅の記憶・ヨーロッパ/イタリア編② »