« 2011年5月8日 - 2011年5月14日 | トップページ | 2011年5月22日 - 2011年5月28日 »

旅の記憶・ヨーロッパ/イタリア編⑥

これまでお付き合いいただきありがとうございます confident

今回でイタリア編、最後となります。。。 pencil

サン・ジミニャーノへ向かうこの日は、乗る予定だったフィレンツェ発の

ローカル電車が1分前に発車してしまったことから、すべてがくるってしまいました。。。

本日もカツカツですsweat02

そうなんです。意外(?)にもイタリアの鉄道は優秀なんです!

5カ国回ったうち、最も正確に電車が発着したのはドイツでもイギリスでもなく

イタリアでしたtrainshine

どうにかしてサン・ジミニャーノの最寄駅までたどり着き、バスを待つこと2時間。。。

丘の上にあるその町に行く途中は、どこか北海道を思わせるような風景でした。

20110403_19b

サン・ジミニャーノは、世界遺産に登録されている中世の町並みが残る地区で、

遠くから見ると、にょきにょき塔が生えているように見えます。

20110403_30

権力争いで力を誇示するため、どんどん高い塔を建てるようになったそうです。

門をくぐるとまさにそこは中世~notes

20110403_20

どこもかしこも絵のようで。。。シャッター切りまくりですcamera

20110403_23

パティオのあるおうち・・・ステキ

20110403_26

ここでも猫ちゃん。。。こんにちはcat

Rimg0502

モノクロでも1枚・・・

20110403_25

古ぼけた写真ばかりで。。。ごめんなさい。

(今回はフィルムスキャナからおこしてみました。。)

当時日本人は少なく、外国人観光客がなぜか夕方から増えてきて coldsweats01

フィレンツェからちょっと離れただけで、こんなゆったり時間の流れる場所に

来られるなんて驚きでした。

バスの運転手さんもとても親切。

もう少しゆっくりしたかったなぁ。。。

夜にはフィレンツェにもどり、夜行列車で国境越え。

イタリアともお別れです。。。

3カ国目のドイツに向かいました train

| | コメント (14) | トラックバック (0)

PRAY FOR JAPAN ‐3.11世界中が祈りはじめた日‐

どうなるかわかっていましたが、電車の中で読んでしまいました。。。weep

「PRAY FOR JAPAN ‐3.11世界中が祈りはじめた日‐」

510vv3f2ewl__ss400_

この本の発売を知り、また印税の全額が寄付されるということで購入しました。

以下カバー文の引用ですが、

prayforjapan.jp とは東日本大震災発生のわずか12分後から届き始めた、

海外・国内からの<祈り>のメッセージ、エピソードを集めたWebサイトで

震災当夜、停電中の一時避難所にいた20歳の大学生によって立ち上げられた」ものです。

実際このサイトを見ていると、現在でも次々とメッセージが寄せられています。

それが本としてまとめられ、世界から応援のメッセージや写真、

日本での様々なエピソードなどが掲載されています。

決して裕福ではない国からのメッセージや写真、国内でのエピソードは

どれも真実であり、涙が止まりませんでした。

読みながら、日本人って素晴らしい。。。この国に生まれてよかった。

そして、国や民族、宗教を超えた人の温かさをひしひしと感じました。

今後、どんな困難なことがあっても、この本を開けば乗り越えられると思います。

私たちが頑張らなくてはね。

また一冊、大切な本が増えました。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

« 2011年5月8日 - 2011年5月14日 | トップページ | 2011年5月22日 - 2011年5月28日 »