カンブリアン ウォーズ

昨夜、久しぶりになかなかおもしろい番組を見ましたtv

NHKハイビジョン特集の「カンブリアン ウォーズ」。

番組内容は 「今からおよそ5億年前のカンブリア紀に生息した人類の祖先をめぐるSFドラマと科学ドキュメンタリーが同時進行。生物が爆発的に進化したというカンブリア紀の謎を解く」(NHKオンラインより)

というもので、実際の研究者たちの最新研究を織り込みながら、カンブリア時代の生物の生態および人類の祖先の謎を解き明かしていくストーリー。

ドラマ中に紹介された研究のなかで、興味深かったもの(憶えているものsweat02)をご紹介します。

まず、カンブリア紀は「色」に富んでいたということ。

イギリスの研究者により、身体の一部に「回折格子」を持つ生物がいて、その構造を持つ部位が虹色に輝いていたとことが分かりました。

化石を顕微鏡で観察しているときに回折格子の構造を発見し、この説の根拠となっています。

回折格子。。。難しいですよねsweat01 身近な例だとCDのキラキラをイメージするとよいみたい。蝶や貝のキラキラも。。。

あんなキラキラした生物が、カンブリア紀の海の中にいたんですね。。。

もうひとつ興味深かったこと・・・なんと4つ目の生物がいたとか!

これは日本の研究者が突き止めたことで、彼は生物の視覚の研究をしており、この時代の化石(エビに似ていました)のX線CT画像分析で明らかとなりました。

この視覚の発達により、捕食が生まれていったとのことeye

そして人類の祖先とは・・・高度に視覚が発達しており、群れをなすイワシ(ミロクンミンギアgenus Myllokunmingia) のような脊椎動物だった・・・とのドラマ上の結論。。。

Myllokunmingia

                      ミロクンミンギアgenus Myllokunmingia 生態復元想像図

カンブリア紀って、不気味な生物がいるイメージが強かったのですが(ごめんなさい)、生物進化を考える上では大変重要で興味深い時代だったんですねflair

pencilおぼえがき

カンブリア大爆発とは・・・

一般的に、古生代カンブリア紀、およそ5億4200万年前から5億3000万年前の間に突如として今日見られる動物の「」が出そろった現象である。

その後の分子遺伝学の進歩から遺伝子の爆発的多様化はカンブリア爆発のおよそ3億年前に起こっていることが分かり、カンブリア大爆発とは、「化石記録の」爆発的多様化であり、必ずしも進化的な爆発を意味しない。(wikipediaより)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

素敵な旅人

先週末TV番組で、素敵な人たちを見ました。

ひとりは、関野吉晴さん。新グレートジャーニー・日本人の来た道で。

前シリーズ「グレートジャーニー」では、人類発祥の地といわれるアフリカ⇔人類が拡散した各大陸間の旅だったが、今度は日本人がやってきた3ルートをたどる新たな旅が始まった。今回はモンゴル~シベリア~サハリン~稚内への北方ルート。自転車、凍った間宮海峡を徒歩で横断、最後はカヤックで稚内へ。

何でも食べる、何でもTry。穏やかな物腰。自然体がとても素敵。そして笑顔が優しい。

医師・探検家。大学でも教鞭をとる。少し講義風景が放映されましたが、私の中ではジョーンズ博士とかぶりました。

もうひとりは、滝田栄さん。「旅の香り」で。

10年以上前から、仏像を彫っていて、最近2年間、インドに滞在していたとのこと。

そして、50代で自分はまだテントが似合うという。穏やか。

あんなふうに年を重ねられたらと思う。

自然体で、何でも受け入れられるようになりたい。おだやかに。

まだまだ修行が足りないです。

夏休みも終了。明日からまたしばらく修行です(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『八丁堀の七人』終了?

第7シリーズを数えた、テレビ朝日系列の時代劇(毎週月曜放映)が、今月で終わってしまいました。

内容は、北町奉行の与力・青山久蔵と6人の同心たちが事件を解決していく、人情味あふれる時代劇です。

これまでは、次のシリーズにつながる余韻を残した終わり方なのですが、今回は死を覚悟しての直訴にのぞむ主人公たちの様子から、あれ??って思っていたら、番組の最後に『完』の文字!

え~!!

半信半疑で番組のHPを見てみたら、どうやら本当に終わりのようです。

残念。。。

最近の時代劇のシリーズ物では一番のお気に入りだったのに・・・

毎回ドラマの最後、久蔵(村上弘明)と八兵衛(片岡鶴太郎)の掛け合い、それぞれいい味出していて、とても楽しみにしていました。

スペシャルでもいいから復活してほしいな。

ところで、八丁堀の七人・占い http://u-maker.com/104441.html

なるものを見つけてしまいました☆

生年月日で占うもので、登場人物の誰かに当てはまるようになっています。登場人物についてはこちら http://www.tv-asahi.co.jp/hacchobori/cast/index.html をご参照ください。

ちなみに私は『岡っ引きの徳松』でした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『特攻野郎Aチーム』

久しぶりにちょこっとだけ見ることができました (^^♪

テレビ東京系でこのテレビシリーズの再放送、やってるんですよね。

以前(10年以上前です。。。)はテレビ朝日系で再放送やっていて、よくみていました。

映画解説者の淀川長治さんもお好きだったようで、この映画を解説するときとてもうれしそうで、特に飛行機に乗れないコング(ミスターT)がお気に入りだったようでした。

内容はベトナム戦争での脱走兵(?)として追われているメンバー3人+1人(ハンニバル、フェイス、コング+モンキー)が、困った人の依頼を受けて事件を解決するという、アメリカ版必殺仕事人みたいな内容で、とにかく痛快です!

テーマ音楽を聴くとわくわくしてきて、元気になりますよ。

ちなみにリーダーのハンニバル役は、『ティファニーで朝食を』ジョージ・ペパードです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

時代劇三昧

昨夜の「功名が辻」なかなか面白かったです。

戦国時代ものって、あっちこっちで戦っていて、その一部を取り上げることが多いですよね。だから何回見ても人物関係がつながらなくって。。。今回はしっかり見て勉強!と期待しています。

ただ、一豊の家臣役の武田鉄矢さん、立って腰に手をあてて台詞を言ってるの、どうしても金八先生に見えてしまうのは、私だけでしょうか。。。まぁ、いい味出していて好きなんですけどね(笑)

なぜかこの日、続けて他局で武田信玄と上杉謙信やってましたね。主役は信玄の軍師役の北大路欣也さん。やはり大物ですね。単発ものなので、深くは描かれていませんでしたが、有能な家臣がいかに大切かというのがわかりました。人は財産ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)