きらきら・・・The Stars Are Ours

まだ日中寒い日もありますが、朝夕の冷え込みが緩み

空も空気も、冬から春へと少しずつ変わってきているのを感じられる今日この頃。

光もやわらかく、あたたかく・・・

Dsc00002

スワロフスキーのサンキャッチャーshine

通販キットで作ってみました。

きらきらといえば・・・

冬、冷たく澄んだ空気。見上げる星空。

はるか遠い時間の輝き・・・美しいですね。

星にまつわる曲で、思い浮かぶのが

アカペラ・グループ The Nylons の「The Stars Are Ours」note

ずいぶん前のことですが、この曲をどこか(CM?)で聞いて忘れられず、

中古ショップで何とかシングルを手に入れた記憶があります。

歌詞中のオリオン座ともそろそろお別れでしょうか・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ひまわり・・・?

季節外れのひまわり?

2011110514170000

ひまわりの仲間かそうでないのかはわかりませんが・・・

もう最後の花で、決して美しく咲いているとは言えないけれど

11月の今、線路脇に健気に咲くこの姿にどこかひかれました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ちょっと弱ったとき、聴きたくなるのものの一つが「さだまさし」。

聴きながら涙を流して・・・

その時々で心にしみる曲はいろいろなのですが、

今日見かけた花から思い出した「ひまわり」を。

この曲も入っているアルバム

元気の素~ウルトラスーパーミラクルベスト」には過去何度か助けられましたcoldsweats01

元気になりたいとき、お勧めです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

Inspiration♪

今月に入ってから生活が一変しまして。。。

二足のわらじをはいていることを以前お話しましたが、

どちらの仕事も同時に大変な時期を迎えてしまって

いっぱいいっぱいの今日このごろでございますsweat01

気が付いたらもう6月も半ば過ぎてしまいましたね。。。

そんな梅雨時に美しく咲く紫陽花とともに思い出されるのが

Gipsy Kings の Inspiration note

この曲は、「鬼平犯科帳」のエンディングテーマで使用されていました。

池波正太郎原作の時代劇で、主人公、火付盗賊改方長官の長谷川平蔵を

演じるのは歌舞伎俳優の中村吉右衛門さま。

脇も個性的で上手い役者さんばかり。

渋い中に人情味あふれる大好きな時代劇でした。

その世界観を見事に表現しているのがエンディング。

江戸情緒たっぷりの四季が移り変わる美しい映像と

センチメンタルなギターの調べが、ぴったりなんですよねconfident

なかでも梅雨の紫陽花から夏の終わりの花火の映像が音楽とともに

印象に残っています。

(ご興味のある方は、こちらで前半はドラマダイジェスト、後半にエンディングの映像が見られます)

Inspiration は instrumental ですが、

Gipsy Kings のヴォーカル曲はCMでもよく使用されていますよね。

それらはおいおい。。。

今回はMy wayのスペイン語版で A mi manera を~♪

英語版とはまた違った、背中を押してくれるような元気をくれる曲です。

それでは ¡Hasta la vista! wink

| | コメント (11) | トラックバック (0)

風笛♪

このところ生憎のお天気 sprinkleが続いておりますが、体調など崩されていませんでしょうか?

本来ならば新緑がまぶしいこの季節。。。好きなんですよね shine

生まれたてのやわらかな若葉をまえに思いっきり深呼吸~

清々しい気分になるとともに、エネルギーが満ちてくるようです。

Rimg0667

この新緑の木々の中を風が心地よく吹き抜けていく・・・

そんな情景が思い浮かぶような曲が「風笛」です。

宮本文昭さんのオーボエ演奏による曲。

(たびたび登場ですみません。。。)

NHK朝の連続テレビ小説「あすか」のテーマ曲でもありましたので

聞き覚えのある方もいらっしゃることと思います。

clover こちらで、さわやかな画像とともにフルバージョンの「風笛」が聴けますheart04

Rimg0673b

| | コメント (10) | トラックバック (1)

無伴奏チェロ組曲~Yo-Yo Ma

昨夜、この素晴らしい演奏に出会いました。

チェリストのYo-Yo Maさんが、

日本に向け、バッハの無伴奏チェロ組曲を演奏してくださっています。

3月に録画されているんですよね。。。

彼の想いのこもった、本当に特別な無伴奏です。

メッセージもともにYou Tubeより転載させていただきます。

* 第1番よりプレリュード

* 第6番よりサラバンド

~メッセージ~

日本の人々が大変な状況にある今、私は一人のアーティストとして、芸術や文化の在り方について深く考えさせられています。文化/芸術は、このような過酷な現実に直面してい­る人々の痛みを少しでも和らげることができるのだろうか

東京在住のある友人は、この疑問にこう応えてくれました。「自分が適切だと思ったことをためらうことなく実行するべき。行動しなければなにも始まらないのだから。」

私は、この映像によって、日本に住む皆様に少しでも心の安らぎがもたらされることを切に願っています。(ヨーヨー・マ)


As the people of Japan continue to endure profound hardship, I have been thinking, as so many people have, about how culture can respond in a way that is directly meaningful. Is there a way for artists to bring solace to those who are suffering such overwhelming tragedy? A friend in Tokyo recently answered that question by saying, "I believe that everyone should do anything he or she believes to be good, without hesitation, because the absence of action brings nothing."

I hope this video will bring solace and comfort to the people of Japan. -- Yo-Yo Ma

| | コメント (12) | トラックバック (0)

From A Distance♪

これまで休止していたことが動き出し、何かと落ち着かない今日この頃です。。。

そんな中で、ここしばらく頭の中でなっていた曲が、

note From A Distance 

1991年にグラミー賞を受賞したベット・ミドラーの曲。

曲も歌詞も美しい、平和を願う歌です。

今の日本を応援しているかのようにも聞こえます。。。

まずは、ニュージーランド出身のクリスティとクリントンの姉弟デュオruaで。

姉弟ならではの美しいハーモニーを聴かせてくれますshine

ちょっと見にくいですが、字幕で歌詞が出てます。

RUA ♪

続いて、フルコーラスをベット・ミドラーで♪

心に訴えかけてくる歌声。。。素晴らしいですねshine

実は以前(2005/12/09)にもご紹介しているのですが、

当時はYou Tubeを貼りつけるという技を思いつかず。。。

なので、今回はちゃんと曲も聞けるように・・・ね♪

Rimg0148

| | コメント (9) | トラックバック (0)

Sing! Sing! Sing!

早いもので、本日は4月1日。新年度初日ですね。

激動の3月でした。。。心に留め、よく考えた行動を心がけつつ、ずっと応援を。。。

気持ちのよい青空のもと、新社会人もちらほら見かけ・・・

前を向いて新たなスタートですね。

camera今朝の収穫です (出勤途中に何をしてるんでしょうねsweat02

Rimg0564

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**

元気に春を。。。ということで、そろそろいかがでしょうか。こんな曲note

New York Voices で 「Sing !Sing !Sing !」

New York Voices は、男女2名ずつのジャズコーラスグループです。

今から5年半前、初めてブルーノート東京に彼らのライヴを聴きに行って、大感激sign03

このブログを始めるきっかけとなったのでした。。。

その時の記事はここに。ちょっと恥ずかしいですがcoldsweats01

きっと身体が動いてしまうはずsign02

♪ Sing !Sing !Sing !

| | コメント (8) | トラックバック (0)

WINTER INTO SPRING

・・・あれから1週間がたちました。

激動の1週間でした。

節電、募金、情報収集。そして与えられている仕事。今の自分にできることを精一杯してきたつもりです。

悲しいニュースも多いですが、うれしいニュースもちらほらと。。。

以下の記事は、震災前に書きかけていたものです。あえてほとんど手を加えずにupしたいと思います。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

もう少し早くご紹介する予定だったのですが、いろいろなことがあって遅くなってしまいました。。。

春らしい音楽はないかな。。。と考えていて思い浮かんだ作品をひとつご紹介します。

George Winston の アルバム『WINTER INTO SPRING』。

ピアニストで作曲家の彼の音楽は、自然の情景に感応して生み出され、癒し系音楽の代表となっていますよね。

学生時代、彼のコンサートに連れて行ってもらったことがあるのですが

ピアノから奏でられる優しい音の世界にうっとりでした。。。

このアルバムは名作 「Longing/Love」が収録されている『Autumn』に続く四季4部作の2作目として発表された1枚です。

今より少し季節をさかのぼったイメージではありますが。。。

以下の8曲が収録されています。

1. 一月の星
2. 二月の海
3. 波
4. きらめき
5. RAIN/COLORS / DANCE
6. BLOSSOM/MEADOW
7. ヴェニスの夢 イントロダクション
8. ヴェニスの夢 パート2

このなかから1曲。

きらめき♪

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:

先週、都内の職場近くの神社で桜を発見しました。たぶん山桜だと思うのですが。。。

春はそこまで来ています。

Rimg0559

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ステンカ・ラージン

『世界の車窓から』は毎日欠かさず見ている大好きな番組です。

いろいろな国の車窓からの美しい風景とそれに合わせて選曲された音楽を聴きながら、束の間の旅気分を楽しんでいますtrain

現在はロシア・シベリア鉄道の旅を放映中です。

そこで、今回は勝手に 『世界の車窓から』連動企画sign02 ということで、ロシア民謡をご紹介しますwink

ロシア民謡というと、どこか哀愁を感じさせ、日本人にはわりとしっくりくるのではないでしょうか。。。 「カチューシャ」や「黒い瞳」など耳馴染みのある曲も多いですよね。

ロシア国立モスクワ合唱団が来日した時、公演を見に行く機会がありまして。。。

その素晴らしさに圧倒され、思わずCDも購入cd  その中の1曲です。

318c3w8b58l__sl500_aa300_

ステンカ・ラージン(スチェパン・チモフェエヴィチ・ラージン)は、コサック出身のロシア農民運動の指導者で、17世紀、農奴に対する圧政に抗し反乱をおこしましたが、とらえられて処刑された実在の人物です。

他のロシア民謡に比べ、男声による歌唱も加わりどこか力強い印象を受けます。

今回はドン・コサック合唱団で。

男声合唱によるこちらもすばらしく・・・ソロの低音が響きわたります。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.

おまけnote

『世界の車窓から』 のテーマ曲です。

番組ではほんの一部しか流れないので、フルバージョン、それも敬愛する作曲者ご本人 溝口肇さんのチェロ演奏でheart04

| | コメント (8) | トラックバック (0)

7つのAve Maria

今朝、通勤途中のコンビニで買い物をしたときのことです。会計を終えおつりを受け取るとき、店員の方が 「お気をつけていってらっしゃいませ」 という言葉を添えて送り出してくれました。。。。

ほんの一言なのですが、朝からあたたかい気持ちでいっぱいになりましたconfident

それでは、本日の音楽も癒し系で。。。

Ave Maria ときいて真っ先に流れてくるメロディーはシューベルトでしょうか、それともバッハ、グノーでしょうか。。。

今回ご紹介するのは、7人の作曲家によるアヴェ・マリアが全11曲収められているアルバム(「アヴェ・マリア~7人の作曲家による~」)です。

41ycpf1066l__ss500_

有名な上記の作曲家によるものは楽器を変えて複数演奏されており、すべて instrumental です。

楽器はチェロ、ピアノ、ハンドベルなど、やさしい音色でどの曲も癒し効果は抜群・・・心がほぐれていきますねconfident

Ave Maria 7曲ともそれぞれのよさがあって好きなのですが、1曲選ぶとするとカッチーでしょうか。。。スラヴァの歌唱で有名になりましたね。

このアルバムではサクソフォーン・クァルテットによる演奏なのですが、

今回は、私の大好きな宮本文昭さんのオーボエで。。。

つやのある音色が心に響きます。。。

宮本さん・・・オーボエの演奏は引退されてしまいとても残念ですが、音楽活動はもちろん続けておられます。そして、お嬢さんの宮本笑里さんがバイオリニストとして活躍していますよね。

引退前の1~2年間は彼の出演する公演に行きまくってましたsmile

その時のことがこことかここに。。。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**

前回記事のアルベロベッロの写真に興味を持っていただきうれしいです。

もうずいぶん前にヨーロッパを旅した時の写真で、もとはフィルムなんです。。。

これを機会に写真を撮りなおしつつ、そのときの旅をぽつりぽつりと不定期ながらご紹介させていただこうかな。。。と思っています。

よろしかったら、おつきあいくださいませね clover

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧